坂戸市若葉駅前の歯医者「井上歯科クリニック」が、歯周病治療についてご説明します。

歯周病治療

歯ぐきの腫れや出血が気になる~歯周病治療~

歯ぐきの腫れや出血は歯周病のサイン。歯周病は自覚症状がないうちに歯を支える骨を溶かし、最後には歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。歯周病は虫歯と同じく、早期発見と早期治療が肝心です。坂戸市の若葉駅前から徒歩1分の歯医者「井上歯科クリニック」が、歯周病治療についてご説明します。歯ぐきに少しでも違和感があれば、早めに当クリニックまでご相談ください。

歯周病とは?

「歯周病」という言葉を聞いたことがある方は多いかもしれません。歯周病は虫歯と並んで、誰もがかかる可能性がある身近な病気です。

歯周病は生活習慣病のひとつ

歯周病は生活習慣病のひとつ

成人の約8割が歯周病にかかっている、あるいは歯周病の予備軍といわれています。毎日の生活習慣の乱れが歯周病の発生や進行に影響することが多く、歯周病は生活習慣病のひとつともいわれます。

歯周病の原因はプラーク(歯垢)や歯石に棲みついた歯周病菌。この細菌によって歯ぐきに炎症を起こし、歯を支えている顎の骨を溶かしていきます。やがて歯が抜け落ちてしまうことになる恐ろしい病気なのです。

歯周病は身体全体に影響を及ぼす

歯周病は身体全体に影響を及ぼす

歯周病は、歯周病菌の感染によって引き起こされる炎症性の病気。その影響は口腔内だけにとどまりません。歯周病菌が血液中に流れ込むことで、身体全体や臓器にまで悪影響を及ぼす可能性があります。

とくに歯周病との密接な関係が指摘されているのが糖尿病です。歯周病は糖尿病の合併症のひとつとしてとらえられ、歯周病にかかると糖尿病の症状が悪化することが知られています。実際に歯周病治療によって、糖尿病の症状が改善されたといった症例もあります。

また、心疾患や脳血管疾患、誤嚥性(ごえんせい)肺炎なども歯周病との関係が深いといわれる病気です。さらに妊娠中の方への影響も注意したいところ。歯周病によってつくりだされる物質が、血液中に入り込んで子宮収縮を促すため、早産や低体重児出産のリスクが高まることが指摘されています。

こんな症状が現れたら要注意

こんな症状が現れたら要注意

歯周病は、初期段階では自覚症状はほとんどありません。したがって歯ぐきの腫れや出血などで歯周病に気づいたときには、かなり進行しているケースもあるのです。手遅れになって歯が抜け落ちてしまうことがないように早期発見に努めましょう。

歯周病予防には日頃のセルフチェックが大切です。ひとつでもあてはまる症状があれば、早めに当クリニックまでご相談ください。また症状がなくても、3ヵ月に1回程度の定期健診をおすすめします。

ブラッシングすると歯ぐきから血が出る
歯ぐきが赤く腫れている
歯ぐきがむずがゆく痛みもある
歯がグラグラする
口臭が気になってきた
お口の中がネバつく
歯が長く伸びてきたような気がする
食事のときに食べ物がはさまりやすくなってきた

歯周病の進行段階

歯と歯ぐきの間のすき間を「歯周ポケット」といいます。このすき間の溝が深いほど歯周病が進行している状態といえます。歯周ポケットが3mm未満であれば、ほぼ正常と言えます。

進行段階1:歯肉炎
【ポケット3mm程度】
歯や歯肉縁にたまったプラークや歯石によって、歯ぐきが炎症を起こしはじめている状態です。歯と歯ぐきの境目が赤く腫れたり、ブラッシングによって歯ぐきから出血したりします。
進行段階2:初期歯周炎
【ポケット3・4mm程度】
歯周ポケットにプラークや歯石がさらにたまり、歯周ポケットが深くなっていきます。歯ぐきはいっそう腫れ、歯を支えている顎の骨にも影響を及ぼすようになります。
進行段階3:中等度歯周炎
【ポケット4・5mm程度】
歯ぐきの腫れや出血がひどくなり、炎症によってうみが出たり、口臭がきつくなったりします。さらに歯周ポケットが深くなり、歯を支える骨が溶けはじめるため歯がグラつくこともあります。
進行段階4:高度歯周炎
【ポケット5mm以上】
重度に進行しており、放置すると抜歯になることもあります。
進行段階5:末期歯周炎
【ポケット7・8mm以上】
歯ぐきが下がってきて歯の根っこが露出し、歯が伸びたように見えることもあります。歯を支える骨が溶けて歯はグラグラになり、最終的には抜け落ちてしまいます。

歯周病の治療法

歯周病治療は「プラークコントロール」が基本です。毎日のブラッシングによって歯と歯ぐきのすき間をきれいにするのはもちろん、落とし切れないプラークや歯石は歯科医院で徹底的に除去しましょう。

スケーリング

スケーリング

初期段階の歯周病に対して行う治療です。「スケーラー」という器具を用いて、歯や歯ぐきの周囲にこびりついたプラークや歯石を除去します。

ルートプレーニング

ルートプレーニング

歯周ポケットが3~5ミリ程度の深さになった場合に行う治療です。スケーリングではとり切れなかった歯ぐきの内側に隠れた歯石を「キュレット」という手用器具で除去します。そのあとで、汚れの再付着を防ぐため歯の表面を磨き上げます。

フラップ手術

フラップ手術

歯周ポケットが5ミリ以上と深くなってしまった歯周病に対して行う治療です。麻酔をして、歯周病に感染した歯のまわりの歯ぐきを切開し、歯根を露出させて歯石やダメージを受けた歯肉などの組織を除去します。30~90分程度の日帰り手術を行い、術後には食事も可能です。

症例紹介
症例紹介
術前
症例紹介
術後

歯周病の治療は、正しいケア方法とブラッシング方法を習得することからはじまります。こちらの患者さんは術後まで約2ヶ月で治療できました。(中等度の歯周病のため、手術は行っていません。)

歯周病にならないために

歯周病の原因は、ひと言でいうと「プラークコントロール不足」です。しかし、ブラッシングなどのセルフケアだけでプラークコントロールを行うことは簡単ではありません。ほとんどの方は、ブラッシングを毎日しているものの歯周病にならないために磨けていないのが現状です。

当クリニックでは患者様のお口やライフスタイルに合わせて、最適なブラッシング方法をご指導します。また、落とし切れないプラークや歯石は当クリニックで徹底的に除去しましょう。

生涯にわたり自分の歯でおいしく食事ができるように、また歯周病によって大切な歯を失わないように、当クリニックの予防・メンテナンスをご活用ください。