坂戸市若葉区の歯医者「井上歯科クリニック」の入れ歯・インプラント・矯正治療です。

入れ歯・インプラント・矯正

咬み合わせを考えた治療~入れ歯・インプラント・矯正~

歯が抜け落ちていたり歯並びが乱れている口もとは、見た目が良くないだけではありません。この状態が長く続くと口腔内の咬む力に偏りが生じて、身体全体の健康にも悪影響を及ぼしかねません。坂戸市の若葉駅から徒歩1分の歯医者「井上歯科クリニック」が、入れ歯(義歯)インプラント矯正治療についてご案内します。歯の機能を補う補綴(ほてつ)治療や歯並びを整える矯正治療で、咬み合わせを改善しましょう。

入れ歯

失った歯の機能を補う治療としてもっとも一般的なのが入れ歯(義歯)です。入れ歯には保険診療の入れ歯と、自由診療の入れ歯があります。当クリニックでは、患者様に合わせて最適な入れ歯をご紹介します。

自分にフィットする入れ歯を選ぶ

自分にフィットする入れ歯を選ぶ

入れ歯はインプラントなどと比べて治療期間が短いので、手軽に歯の機能を補うことができます。また保険診療の入れ歯であれば、費用を抑えて作製することも可能です。

しかし入れ歯を使用されている患者様の中には、「外れやすい」「見た目で入れ歯とわかってしまう」「食べ物がおいしく感じられない」、といった不満も多くあります。

最近では見た目が良くて、しっかり咬めて、おいしく食事のできる自費診療の入れ歯も登場しています。お口にフィットする入れ歯を選ぶことで、毎日の生活の負担を軽減することができます。現在お使いの入れ歯に不満があれば、当クリニックまでご相談ください。

歯を失ったまま放置するデメリット

歯を失ったまま放置するデメリット

「虫歯や歯周病、お口のケガなどによって歯を失ってそのまま放置する」――、それはやがて、お口の中だけでなく身体全体の不調へとつながります。

歯が抜けたすき間に向かって咬み合わせの歯が伸びてきたり、隣の歯が傾いたりすることで歯並びが悪くなります。咬み合わせや歯並びが乱れると、口腔内のケアがしにくくなり、虫歯や歯周病のリスクが高まります。

歯が抜けることによって食べ物をしっかりと咀嚼(そしゃく)できなくなり、消化器官に負担がかかります。しっかり咬めないことで、だ液の分泌量が減り、口腔内の自浄作用の低下にもつながります。さらに咀嚼が不十分だと脳への刺激が低下し、老化が進むことへもつながりかねません。また口もとを気にするあまり、コミュニケーションに影響を及ぼすケースもあります。

このように歯を失ったまま放置しておくと、お口の中だけでなく、身体全体、さらには精神面までも影響を及ぼすリスクがあります。

「保険入れ歯」と「自費入れ歯」の違い

入れ歯には保険が適用される「保険診療の入れ歯」と、保険が適用されない「自費診療の入れ歯」があります。それぞれにメリット・デメリットがあり、一般的に保険診療の入れ歯は素材や形が限定されますが、見た目が美しくて装着感に優れた入れ歯を希望する場合は、自費診療の入れ歯をおすすめします。ご不明点はお気軽に当クリニックまでご相談ください。

  保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
見た目

素材はレジン(歯科用プラスチック)に限定されています。透明感に劣るため、入れ歯であることに気づかれやすい特徴があります。

また部分入れ歯の場合は、健康な歯に固定する金属のバネが見えてしまうこともあります。

人口歯をはじめ、さまざまな素材から選べるので、透明感や色など、より天然歯に近い質感を再現できます。

部分入れ歯では金属のバネを使わないタイプもお選びいただけるので、入れ歯であることに気づかれにくいです。

快適さ 歯ぐきにあたる「床」の部分がレジン製のため、かなり厚くなってしまいます。口腔内に違和感を感じる方も多いです。 金属製の床を選べば、レジンに比べて薄くつくることができます。口腔内に違和感が少なく、装着感にも優れています。
咬み心地 強度が落ちるため、硬い食べ物は咬みづらいことがあります。また熱伝導率が悪い素材のため、食べ物の温度が伝わりにくく、味覚が感じにくくなります。 さまざまな素材から選ぶことができるので保険の義歯と比べると硬い食べ物もしっかりと咬みやすくなります。熱伝導率の良い素材を選べば食事の温度も伝わりやすく、おいしく食べられます。
お取り扱いしている入れ歯

当クリニックでお取り扱いしている入れ歯をご紹介します。入れ歯治療においては、患者様からご予算、ご要望をお伺いしたうえで、保険の入れ歯もしくは自費の入れ歯を問わず、最適な入れ歯をご提案します。

保険診療の入れ歯
レジン義歯
レジン義歯 保険適用のため、費用を抑えて手軽に入れ歯を作製できます。ただし素材がすべてレジン製のため、床が厚くなってしまいます。食べ物の温度が伝わりにくかったり、口腔内に違和感があったりします。
自費診療の入れ歯
金属床義歯
金属床義歯 床の部分が金属製の入れ歯です。床を薄く作製できるので口腔内の違和感が少なく、食べ物の味もおいしく感じられます。
ノンクラスプデンチャー(スマイルデンチャー)
ノンクラスプデンチャー(スマイルデンチャー) 金属バネの留め具を使用しない部分入れ歯です。留め具が半透明の樹脂製で、歯ぐきの色や質感を再現し、入れ歯だということもわかりにくいです。お口にフィットして、咬み心地も快適です。
マグネットデンチャー
マグネットデンチャー 歯を部分的に失い、歯根部分が残っている歯に装着できる入れ歯です。歯根部分に金属をとり付け、入れ歯にマグネットを埋め込みます。安定性が高く、入れ歯がずれたり外れたりする心配はありません。見た目もすっきりとしています。
症例紹介 コーヌスクローネデンチャー (自費診療)
症例紹介
症例紹介
症例紹介
症例紹介

残っている歯根側に金属製の内冠を被せ、入れ歯側に内冠に合った外冠を被せ、茶筒の蓋と同じ原理で冠を維持装置とする入れ歯です。ずれたり外れたりせず、咬む力が平均的に伝わるため装着感がよいことや、留め金がないため入れ歯だということがわかりにくいことが特長です。

インプラント

失った歯を補う手段として、入れ歯のほかにインプラントがあります。自費診療となりますが、まるで自分の歯のように自然な咬み心地と美しい見た目が得られます。

インプラントとは

インプラントとは

インプラントとは、虫歯や歯周病などによって歯を失った場所に、人工の歯根(インプラント)を手術で埋め込み、そのうえに人工歯を装着する治療法です。人工歯根はチタン製なので顎の骨としっかり結合し、金属アレルギーを起こすこともありません。

さらにインプラントは歯を失った部分だけの治療なので、部分入れ歯やブリッジのように隣り合う歯に影響することもありません。

インプラントのメリットとデメリット
メリット
  • 違和感がほとんどない
  • 硬い食べ物もしっかり咬むことができる
  • 顎の骨にしっかり固定するので、違和感が少ない
  • 残っている歯に負担をかけずにすむ
  • メンテナンスをきちんと行うことで、長期間使用できる
デメリット
  • 自由診療となるため、高額な治療費になる
  • インプラントを埋め込むための手術が必要
  • 入れ歯よりも治療期間が長くかかる
  • 適応か否か個人差がある

矯正

八重歯や出っ歯などでお悩みの方には、矯正治療をおすすめします。歯並びの矯正は、見た目の回復だけでなくさまざまなメリットがあります。

きれいな歯並びで自然な笑顔を

きれいな歯並びで自然な笑顔を

乱れた歯並びでお悩みの方におすすめなのが、歯並びをきれいに整える矯正歯科治療です。出ている前歯を奥に動かしたり、ガタガタの歯を揃えたりして、少しずつきれいな歯並びに整えていきます。

矯正歯科治療をして自然な笑顔を見せられることで、積極的な性格に変わる方もいらっしゃいます。当クリニックでは、患者様のお口の状態に合わせた矯正治療のご提案が可能です。口もとを気にせずに自然な笑顔を見せられるように、きれいな歯並びを目指しませんか?

矯正治療のメリット

矯正治療のメリット

歯科矯正のメリットは、何より口もとが美しく整うこと。出っ歯や八重歯、すきっ歯、受け口といった気になる見た目が解消されます。歯や口もとは、顔の3分の1以上を占める重要な要素。歯並びを整えることで横顔がすっきりとした印象に変わります。

歯並びは、身体全体の健康にも大いに影響します。歯並びが乱れていると、歯と歯の重なる場所などに食べカスが詰まりやすくなるので、ブラッシングで汚れを除去することが難しくなります。このため、虫歯や歯周病がリスクも高まります。

咬み合わせや性格の改善にもつながる

歯並びは咬み合わせにも影響を与えるといわれています。歯並びの乱れによって咬み合わせのバランスが崩れ、顎関節に余計な負担がかかってしまうことがあるのです。当クリニックでは、顎の関節とそれぞれの歯が本来の役割を発揮できる矯正治療を目指しています。

さらに歯並びは性格に影響を与えることもあります。とくに思春期に差しかかったお子様の場合や成人してからも歯並びの乱れからコンプレックスを抱き、人前で積極的になれなくなる場合もあります。心身ともに健やかな成長を促すためにも、身体全体のバランスを考えた歯科矯正をご検討ください。