若葉駅前の歯医者「井上歯科クリニック」からブログ詳細をご案内します。

なんと歯周病が認知症を悪化させる一因だった!

なんと歯周病が認知症を悪化させる一因だった!

 平成30年1月6日の朝日新聞を読んでいると、次のような記事が掲載されていた。

 

 歯周病の毒素がアルツハイマー症の原因とされる脳の「ゴミ」を増やし、認知症の症状を悪化させる。

 認知症の6割を占めるとされるアルツハイマー症は脳の中にアミロイドβというたんぱく質の「ゴミ」が溜まることにより神経細胞が徐々に死滅することが原因とされている。

  実験マウスに歯周病菌を感染させた実験では、歯周病菌のマウスの脳内では歯周病菌から出ている毒素や免疫細胞が最近を攻撃するために出す色々なたんぱく質(サイトカイン)が増えていた。

それによって、アミロイドβが増産させていると考えられる。

国立長寿医療研究センター

名古屋市立大学などの研究グループ解明発表

 

 つまり“歯周病予防や治療でアルツハイマー症の発症や、進行の抑制につながる可能性がある!”ということである。

 

以前から認知症の患者に義歯(咬める義歯)を作成したところ、認知症が軽減されたという報告は多数ある。

これは咬む事により脳が刺激され活性化したためである。

 

そもそも菌やウィルスは傷口や粘膜から進入するが、そのほとんどは口や鼻から進入すると考えられるので、まずはお口のケアが最も大切だと思われます。

定期的な歯のクリーニング&歯磨きによるセルフケアを行いましょう!

 

〒350-0214

坂戸市千代田3-21 若葉駅前ハイツ1F

若葉駅東口徒歩1分

℡049-289-1182

 

井上歯科クリニック