若葉駅前の歯医者「井上歯科クリニック」からブログ詳細をご案内します。

歯が長くなってきた?いいえ、歯茎が沈んだんです!!

歯が長くなってきた?いいえ、歯茎が沈んだんです!!

患者さんの訴えで「最近歯が長くなってきた」「歯が伸びてきた」という言葉をしばしば聞く事があります。

基本的には、成人の歯が長くなることはありませんので、歯茎が下がったものと考えられます。

 

ではなぜ、歯茎が下がってしまったのでしょうか?

 

原因としては2つ考えられます。

 

1.歯周病(歯槽膿漏)

2.歯の磨きすぎ(間違った方法で磨いている)

 

歯周病の治療を受けていない方で、歯が長くなってきたケースですと、2の歯の磨きすぎ(間違った方法での歯磨き)が第一に考えられます。

 

比較的几帳面で一生懸命に歯磨きを行っている(力の入れすぎ)場合が多く、そのほとんどの方が「横にゴシゴシ」と磨いている特徴があります。

その結果、歯茎が削られ「歯茎の退縮」→「歯が長くなる」という図式が出来てしまいます。

 

では、どのように磨いたら良いのか?

横磨きで行う場合は、3本~4本と一気に動かさずに1本か2本までを限度に小刻みに動かすことが大切です。

ですが、習慣は恐ろしいもので1本か2本分のみしか動かさないと磨いた気にならない方も多いと思います。

 

そこで、当院ではオリジナルの歯磨き指導を行っています。

 

従来通りの横磨きだと今までの習慣で大きく動かしてしまう可能性が大きいので、「横磨き」ではなく歯ブラシを縦に動かす「縦磨き」をすることによって、歯茎の退縮予防・防止を行います。

 

「縦磨き」には、他にも色々と利点があります。

「根元まで磨きやすい」「歯と歯の間まで毛先が届きやすい」「短時間で磨ける」もちろん「歯や歯茎に害が出にくい」などです。

 

ただし、条件として、毛先の形状・硬さ・大きさ・持ち方や動かすポイント等ありますので、興味のある方は是非一度ご来院頂き「歯磨き指導」を受けることをお勧めします。

 

さて、1.歯周病(歯槽膿漏)のケースですが、歯周病の治療を受けると、今までブヨブヨだった歯茎が引き締まった結果、歯茎が下がります。

これは良い状態であり、結果的に歯茎が引き締まったので「歯が長くなった」ように感じるかもしれませんが、その状態を維持することにより、歯周病予防が可能となります。

 

いずれにせよ、あまりに長い間放置することによって症状が悪化する可能性もありますので、少しでも気になっている方は早めに歯科医院に相談されることをお勧め致します。

若葉駅周辺で歯医者をお探しなら「井上歯科クリニック」までお立ち寄りください。

 

 

 

〒350-0214

坂戸市千代田3-21 若葉駅前ハイツ1F

若葉駅東口徒歩1分

℡049-289-1182

 

井上歯科クリニック