若葉駅前の歯医者「井上歯科クリニック」からブログ詳細をご案内します。

定期健診は必要なの!?

定期健診は必要なの!?

間違いなく必要です!!

では、どのくらいの間隔で行えば良いかということになります。

一般的には、3ヶ月、6ヶ月、9ヶ月、1年とありますが、プラークコントロール(以下P.C.と略す)つまり、歯磨きが上手な方または、口腔内状態が良好な方なら1年健診でも十分かと思います。

期間に関しては個体差があるので、かかりつけの歯科医と相談されて決めると良いでしょう。

参考までに、当クリニックのシステムをご紹介いたします。

 

3ヶ月健診

1.歯石が非常に(異常に)付着しやすい方

  (まれに歯石除去後2~3週間で歯石が付着してしまう方もおります。)

2.歯周病治療完了直後の方

  歯周病進行の分岐点となる3ヵ月後にP.C.が良好に行われているかのチェック。

  再発有無の確認!

3.P.C.が不得意、または不良な方

  なおかつ、カリエス・アクティビティ(虫歯になりやすさ)の高い方

4.義歯(入れ歯)装着者で、クラスプ(入れ歯を支えているバネ)のかかっている歯に将来トラブルが懸念される方(P.C.不足の為)

 

1を除く2~4全てに共通していることはP.C.のチェックです。

P.C.が完璧に出来ている場合、3ヶ月健診は必要ないかもしれませんが、治療完了時では良好でも徐々に以前の不良P.C.に戻る方が多いのが現実です。

 

6ヶ月健診

3ヶ月健診で状態良好であれば、6ヶ月健診に移行すると良いでしょう。

1.歯石の沈着もさほど多くは無く、歯周病(歯槽膿漏)が重篤ではない方。

2.9ヶ月、1年健診では心配な方。

理想は全ての方が6ヶ月健診を受けられると良いのですが、現実的には難しいことでもあります。

 

9ヶ月健診

6ヶ月だと短いが、1年健診だと心配な方。

(歯科医院側または、患者さん側からの判断となります。)

 

1年健診

全てにおいて安定している方。

P.C.が良好な方でもさすがに、1年も経つと歯石の沈着・虫歯の発生・歯周病の悪化等も無症状のまま進行する場合もありますので、受診されると良いでしょう。

 

最終的には、自己管理を行っていただき、1年健診で十分になることを目標としましょう!

 

因みに、P.C.が不十分な方で3ヶ月毎の健診時にクリーニングを行った場合と、P.C.が上手な方が1年健診を行った場合では、将来の予後は明らかに後者であると断言できます。

理由は、3ヶ月毎に1日だけ口腔内が清潔になったのと(残りの90日間は不衛生)、毎日の自己管理が出来ているかの差なのです。

 

結局行き着く所は大変面倒ではありますが、自分のお口の中は自分で守っていただくのが一番です。

我々歯科医はそれをサポート(ブラッシング指導+クリーニング)することしか出来ませんので、ご自身でP.C.をしっかり行っていただければと思います。

 

当院での健診メニューは

1.歯周病・虫歯・噛み合わせやその他のチェック、及び歯肉の上に付着している歯石の除去

2.歯ブラシの指導、及びクリーニング

3.1で行った歯石除去で取りきれない歯肉の下の歯石や汚れの除去

となっております。

 

 

 

〒350-0214

坂戸市千代田3-21 若葉駅前ハイツ1F

若葉駅東口徒歩1分

℡049-289-1182

 

井上歯科クリニック