若葉駅前の歯医者「井上歯科クリニック」からブログ詳細をご案内します。

歯間ブラシとは? 有効性は?

歯間ブラシとは? 有効性は?

 その名の通り、歯と歯の間をお掃除するブラシのことです!

 歯間ブラシには様々な形態太さ材質があります。

 

 形態…まっすぐなI型、直角に曲がったL型、カーブの付いた型など

 太さ…メーカーによって太さは異なるが、SSSからLLサイズまで

 材質…金属ワイヤーにナイロンのブラシが付いたもの、ゴム製のもの

                                              etc…

 当院では、特殊な場合を除き、I型でナイロン毛の歯間ブラシをお勧めしております。

 

 では、どの様な方に有効なのか、ご説明しましょう!

 

 ①歯周病(歯槽膿漏)で歯肉が下がった方

 ②健康な歯肉だが歯と歯の隙間が空いており、虫歯予防をしたい方

 ③矯正などを行って歯と歯の間に隙間が生じた方

 ④口臭が気になる方

 ⑤ブリッジが入っている方

                                              etc… 

 

 このような歯間部の空いた方には、虫歯、歯周病、口臭予防に効果絶大な清掃用具です。

 歯間ブラシの入る隙間の無い方は、当然ですが、使用する必要はありません。

 デンタルフロス、糸楊枝が有効かと思います。

 

 よくある質問で、

 Q1.歯間ブラシを使うと歯と歯の隙間が広くなる?

 A1.歯周病については、コラム『歯周病とは?』でもお話しましたので、ご参考にして下さい。

   歯周病の方に限りますが、歯周ポケットの深さを減らし、歯周病の進行を止める事が目的ですので、今まで

  腫れてブヨブヨしていた歯肉が引き締まり、歯周病が改善された結果なので、むしろ喜ぶべき事です。

   隙間は限りなく大きくなるのではなく、ある一定の大きさで止まります。

   何よりも、虫歯・歯周病・口臭予防の原因となる歯間部のプラークは「歯間ブラシ使用無くして除去は不可

  能」と言っても過言ではありません。

 

  Q2.歯間ブラシを入れると出血するが大丈夫か?

 A2.考えられることは2つあります。

    ・プラークコントロール不足の部位の歯肉に炎症がある

     → 優しく丁寧に歯間ブラシをを行うことによって、一週間程で出血・炎症が治まり、歯肉が引き締まって

  くる。

    ・強く大きく動かすことによって歯肉を傷つけている

     → 歯科医院で使用方法の指導をお受け下さい。

 

 では、どのような歯間ブラシがお勧めかと言いますと、『隙間の大きさに合った歯間ブラシを選ぶ』ことが大切です。

 隙間より小さいと、除去率が低下し、効果は半減してしまいます。

 サイズが判らなければ、一度、歯科でご相談して頂けると良いと思います。

 使用するタイミングですが、通常の歯ブラシの後に行うと良いでしょう!

 意外と歯ブラシをした後でも食べかすが取れたり、サッパリ感が感じられる筈です!

 是非、是非、歯間ブラシを取り入れ、習慣になるようお勧めします。

 

 因みに私は、歯ブラシは一日に朝と晩の2回しか行っておりませんが、歯間ブラシは3回(昼は歯間ブラシのみ)行っております(^O^)

 

 歯間ブラシの習慣が無く、面倒に感じる方が多いのではないかと思いますが、「本当に効果絶大」な武器となりますので、是非、取り入れてみて下さい。

 

 

 

〒350-0214

坂戸市千代田3-21 若葉駅前ハイツ1F

若葉駅東口徒歩1分

℡049-289-1182

 

井上歯科クリニック